FC2ブログ

"うらちかブログ"

観世流能楽師 浦田保親のブログです。舞台の事にお稽古の事、日常の出来事も綴ります。

義援能無事終演!

本日(すでに昨日)の義援能、無事に終了致しました~

思いのほか、沢山のご来場を頂き、
一部二部併せて、850名程のお客様に恵まれました!

特に一部は、
会場のお席が足りなくなる程の盛況でした~

2011-04-25 20.35.46

企画の段階から、
担当委員として携わらせて頂いた身として、
ただただ、ホッと致しました。


チケット売上金、
すなわち皆さまから頂いた義援金も、予想以上にご協力頂けたこと、
心より御礼申し上げます。
2011-04-25 20.45.06


少しばかり、
京都の能楽師の団体として、
被災地の、
いや、日本お役にたてたかと、
心地よい達成感を抱かせて頂いております。



ご協力頂いた多くの方々に、
心より御礼申し上げます!!
関連記事
スポンサーサイト

厳島神社 桃花祭神能

ただいま、厳島神社より帰ってきました~

本日の桃花祭能で、鶴亀の能を舞わせて頂きました!

ぬける様な青空のもと、
ちょうど開演時に満潮を迎え、
正に海に浮ぶ能舞台の出来上がり!
DSC_0165.jpg

そんな絶好のシチュエーションの中、
親子を勤めさせて頂きました!


いつ行っても、ここのお舞台は、
自然と清らかな雰囲気を感じるんですが、
やはり今年は格別!!

心地よく舞台を勤める事が出来ました~

ホントに、
得難い経験をさせて頂きました!



帰りには、
記念の大きな杓文字を頂いてきました~
DSC_0168.jpg

一生の宝物ですね!



そして、
お土産は、
2011-04-17 23.27.16
もちろん、もみじ饅頭!!
関連記事

桜と共に散った父の…

今日は、父親の三回忌法要でした!



お寺に入ると、大きなの樹が迎えてくれます。
DSC_0164.jpg
ぼちぼちピークを過ぎ、少しずつ散り始めていました。


思い起こせば、
一昨年の春、が散りきった後、
静かに息を引き取った



今は、先に逝ったと共にお墓の下に。

今年も、
一緒にこのを眺めていたのでしょう~



今日は、ボク達親族一同に久々に会った両親。

生前中は、これでもか!苦労を掛け通しでしたが、
少しは喜んでくれたでしょうか??


それとも、

「そんなんでは、ぜんぜん足らんなぁ~」

って、苦笑いしてるでしょうかね。



今日の粗供養のお菓子は、
t02200293_0240032011166217025.jpg

両親が大好きだった鎌餅でした。
関連記事

桜づくしです!

明後日11日月曜「桜の謡」という催しを致します!

神戸の上田拓司サンと共にやらせて頂いてる謡の会。

今回は、
拓司サン宅のお舞台「瓦照苑」での開催。


西宮の夙川公園が一望出来るお舞台で、
ちょうどの季節真っ盛り!



ということで、
今回は桜づくしの選曲です。


メインの素謡は「西行桜」

その他、我々二人と、4人の拓司サンのお子さんで、
「小塩」「田村」「嵐山」「右近」など、
桜の仕舞を六番。

また、開演に先立って、
夙川公園の夜桜をご鑑賞頂きながら、拓司サンの面白いお話


正に、
桜・桜・桜の夕べを、ユッタリとお楽しみ頂きます!!



さて、
今夜はそれより一足早く、
観世会館での公演終了後、
夜桜見物に行ってきました~


今年は、
京都北野にある、平野神社へ!
DSC_0162.jpg

土曜日の夜という事もあり、
満開の桜のもと、
たくさんのお花見客で賑わっていました~
DSC_0163.jpg

関連記事

春に向けて!

四月に入り、も咲き始め、
いよいよ能楽会も春の繁忙期に突入です!!


と言いつつ、
今月最初の日曜の今日、
ボクは恥ずかしながら、売れ残り。。。

暦通りの春休みでした。



休みとなると、我が家は大抵買い物に出かけます。

今日は、滋賀県竜王のアウトレットへ!
春~夏に向けてのアイテムをゲットしてきました~



最近は、子供たちもオシャレに目覚め始めてきました。

しかし、
そのせいで、昔の様に親の言いなりにはなってくれず、

え~っ、そっちを選ぶ!?

なんて服を買うハメにも…

まぁでも、黙って買い物に付き合ってくれてるので、
良し!としましょう~


本日のゲット商品たちです。
2011-04-03 23.02.25
関連記事

義援能開催

今月の25日月曜日、
この度の東日本大震災の復興支援のため、
京都観世会・京都囃子方同明会・京都ワキ方の有志メンバーにより、
京都観世会館にて、義援能を行う事になりました。


午前11時と午後6時半の2部公演。

それぞれ、
舞囃子2番と仕舞、そして最後に能一番という番組立て。


詳しくは↓
gien-noh.jpg


この公演でご協賛頂きました義援金(入場料)は、
全額「京都新聞社会福祉事業団」を通して被災地に送られます。


いまボク達に出来る事

それはやはり、を通してみんなで力をあわせ、
皆さまが少しでも元気を出していただけるよう、精一杯舞台をつとめる事。


皆さまのご理解とご協力を賜ります様、
よろしくお願い申し上げます。

関連記事

FC2Ad